責任投資への道のり

ファーストステート・インベストメンツでは、投資判断を行うにあたって、個別の案件、共同の案件の別にかかわらず、その判断が及ぼす影響が広範にわたるということを強く意識しています。私たちは、高いスチュワードシップ精神を追求することが、投資プロセスにおけるクオリティーのさらなる向上につながり、それによって当社が社会の一員として幅広い社会的貢献を成し得るものと固く信じています。

これまで10年以上にわたり、当社の責任投資戦略のクオリティー追求と運用におけるインテグレーション深化のみならず、我々の組織さらには業界全体にスチュワードシップの精神を根付かせること、そして全ての従業員が責任投資に精通することに重点を置いてきました。下記リンク先では、こうした当社の取組みを詳しく紹介しています。また、最新の「責任投資及びスチュワードシップ・レポート」では、これらの進捗状況とパフォーマンス向上のための取組みに焦点を当てています。

各運用チームのプロフィールでは、各チーム独自の投資プロセス、責任投資の実践状況に関する情報をご覧いただけます。