ファーストステート・インベストメンツの人材

お客様を中心に考えるグローバル・ビジネスの実践にあたっては、より高いクオリティーのサービスを提供するうえで、有能かつ意欲あふれる人材が投資ビジネスの成功の鍵であると考えています。

人材の質、及び、仕事に対する意欲やコミットメントは、ビジネスを成功に導く上で非常に重要です。革新的でかつ刺激的な職場環境を維持していくために、当社のコーポレート・カルチャーはスタッフ一人一人の成長と積極的な参加を促すことをサポートします。

 

グローバル・カルチャー・カウンシル

2009年、ファーストステート・インベストメンツは、コーポレート・カルチャーの改善・強化を目的として"グローバル・カルチャー・カウンシル (GCC)"を設立しました。GCCは、各地域、あらゆる部署から代表者が選出され、構成される組織です。GCCメンバーは、ファーストステート・インベストメンツをスタッフにとって働きやすい職場にすると共に、リーダーシップをサポートし、ビジネスの成長を支援をすることに焦点を当てています。

 

社会とのかかわり

GCCからもたらされた取り組みは、我々が住んでいる地域社会との関わりを深めることでした。その一環として当社はファースト基金(The first Foundation)を設立しました。ファースト基金の主な活動は、スタッフによって推薦された慈善団体の中から当社が寄付を行う団体を選定することです。またファースト基金の主要な役割は、ボランティア活動のサポートやスタッフの活動による募金で集まった金額と同金額を寄付するなどの支援をすることにより、スタッフが地域社会や慈善活動に貢献することを奨励することです。