スチュワードシップ・ファーストの運用チームによるグローバル株式運用

スチュワート・インベスターズ運用によるチームは、お客様に代わってアジア・パシフィック株式、エマージング株式、ワールドワイド株式及びサステナビリティー株式戦略の運用を行います。当該運用チームは1988年に最初の運用戦略を開始して以降、約30年にわたって一貫した独自のカルチャー及び投資哲学を有しています。スチュワート・インベスターズ運用チームがこれまで常に最優先に据えていることは、長期的に継続したリターンの獲得及びお客様からの受託資産の保全です。

当該運用チームはエジンバラ、ロンドン、シドニー及びシンガポールに運用拠点を有しており、ファーストステート・インベストメンツの中で自治権を有する運用にチームです。

スチュワート・インベスターズにおける責任投資

責任投資

サステナブル投資は、運用を開始した当初からスチュワート・インベスターズの運用哲学および銘柄選択の中核となっています。ESGに関する判断は投資判断の一部であると考えており、ボトムアップの企業調査に際して重視しています。運用チーム自らが、企業のESGに関する取組みおよびその実践状況についての分析を行います。

最終的には、ESG面が長期的な企業の行く末を左右するとの信念から、企業分析に際してのメイン・フォーカスをESGに置いています。

スチュワート・インベスターズのすべての運用戦略は共通の運用哲学に基づいています。そのなかでも、サステナビリティー運用戦略に関しては、長期的なサステナビリティー面のテーマを、長期の運用リターンのキー・ドライバーとするものです。

スチュワート・インベスターズの責任投資に関するアプローチの詳細は、当該運用チームのウェブサイトでご覧いただけます。