債券運用

ファーストステートのグローバル債券運用チームは、債券市場における主要地域の運用拠点を通じ、現地に根差した視点及び高い知見を有するとともに、クレジット、キャッシュ、ハイ・イールド等の債券セクターに関する見解及び投資アイデアについて情報共有プラットフォームを通じて効率的に共有しています。

インベストメント・オピニオン・ネットワーク(ION)
– 独自の情報共有プラットフォーム

グローバル金融市場が連動性とスピードの高まりをみせる今日においては、運用者個々人及び運用チームの専門性に応じ、最適な配置を行うとともに、それが連携し協働することが極めて重要です。ファーストステートでは、お客様への付加価値を最大化するために、グローバル債券運用チームが横断的にコミュニケーションを行い、かつ協働するためのシステムを構築しています。独自の情報共有プラットフォームであるIONを通じ、先進国及び新興市場に関する投資アイデアを共有することが可能です。

ION(インベストメント・オピニオン・ネットワーク)の詳細はこちら>

債券運用におけるファーストステートの優位性

 

ファーストステートのすべての債券運用チームは、明確かつ独自の投資プロセスに基づいます。グローバルに展開する50名超の債券運用スペシャリストが協働し、ローカルの知見に基づく投資アイデアを、グローバル債券ポートフォリオに昇華させた形で取り込んでいます。

債券運用におけるファーストステートの優位性 >

ボトムアップ・クレジット調査

グローバル・クレジット調査チームは、グローバル債券運用チーム全体に対してクレジットに関する投資アイデアを提供しています。徹底したクレジット調査は投資プロセスの根幹をなしており、グローバル債券チームの運用戦略の成否を決定すると言っても過言ではありません。

ボトムアップ・クレジット調査の詳細はこちら >

責任投資

ESGリスクに対する対応に乏しい企業や政府は、それ以外のリスクについても管理がなおざりとなっているケースが多く見られます。ESG要因を債券投資に統合することは容易なことではないものの、ファーストステートではそれを投資プロセスの一部として体系的に統合すべく努力を重ねています。

詳細はこちら>