運用アプローチ

明確な運用目標による運用戦略であることに加え、ファーストステートのマルチ・アセット戦略には以下の優位性が挙げられます。 a

定性的判断と最先端の定量モデルの融合

リサーチ情報は運用チームが判断を行うにあたってのすべてのベースとなり、ポートフォリオの設計及び執行の拠りどころとなります。すべてのリサーチ情報は、運用チーム内部での解析を行い、第三者によるブラック・ボックスやプロセスに依存すべきものではいと考えています。ファーストステートのマルチ・アセット戦略の運用モデルとツールはすべて内製であり、科学的な根拠に立脚した調査プロセスにより、運用チームが優位性を発揮するベースとなっています。

独自創出によるリサーチ情報
ファーストステートのマルチ・アセット戦略は、運用チームの定性判断と経験に基づく規律ある定量分析が融合したものです。純粋な定量モデルの場合は、急激にドローダウンに見舞われるケースがある一方で、規律あるアプローチを放棄し、定性一辺倒の場合には、再現性を伴わない結果につながる可能性があります。当該運用チームでは、中央銀行の人事や政治的イベントといった、定量化が難しいながらも、資産クラスのリターンに著しい影響を与える可能性があるということを考慮に入れる必要があると考えています。アルファの創出にあたっては、マクロ面とミクロ面の双方から経済動向を考慮する必要があります。